SAで活動中のトスカーナのブログ
 Copyright © algent blog All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2017/10← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/12
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

algent

Author:algent


ログイン状態




Sudden Attack
main:トスカーナ


FEZ
main:alGent
A鯖カセドリア
火皿


CSS
main:algent


killing floor
main:algent


TF2
main:algent


PC Spec
CPU Intel Core2 Duo E8600
メモリ PC6400 4GB (2GB x2
ビデオカード GeForce 9600GT
マザーボード Intel P45
サウンドカード Onboard
OS Vista Home Premium
デバイス
マウス Microsoft Wheel Mouse Optical
マウスパッド Qck mass
モニタ BenQ 19wide
ヘッドセット Steel Sounds 4H
キーボード シグマGMKB109→Realforce106




カテゴリ




最新コメント




リンク




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to algent blog !!
スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) * Page top↑


Sniper上達の道 [技術編] 
2009/01/06 /00:06
※最初にこれは私の主観によるものなので、これが一番正しいわけではないのでご注意ください。
ここに載せてる動画は以前うpしたものです。

SRをやる上で重要だと思うテクニックは1.ストッピング 2. ドラッグショット(以下DS) 3.クイックショット(以下QS)たくさん挙げすぎても焦点がぶれるのでこれくらいにしたいと思います。

ではストッピングから!
まず基礎の基礎から~ストッピングには走り/歩き/しゃがみの3種類ありますよね。この中で一番マスターすべきは歩きストッピングです。この歩きストッピングで決め打ちをマスターしましょう!!!しゃがみストッピングも虚をつけば有効ではありますが、多用すると簡単に読まれてしまうでしょう。走りは慎重に攻める時よりガンガン行くときに使いますかね。対SR戦では毎回歩きストッピング一発で出ると読まれてしまうので、ナイフで一回フェイントしてから出ると相手は嫌がるでしょう。これもフェイントして打たれてしまっては、もともこうもないので感覚をつかんでおきましょう。更に高度なものだと出る時に普通相手の方向を見てると思いますが、あえて後ろを向いて歩きストッピングをしながら反転すると変わった動きをして当てずらいと聞いています。しかしこれは難しいので要練習です。
ストッピングのついでにですが、TRGを打った後みんな武器交換しますよね??このスピードの限界の感覚をつかんでください。これができるようになると次の弾を撃つまでの時間が短縮します。ムービーを挙げれば分かりやすいのですが、ちょっと面倒でして・・・w 感覚としては打つと同時くらいの感覚です。この交換するタイミングに同時に左右どちらかに移動します。なぜかと言うと相手に打たれにくくするためです。当たり前のことですが、こちらから打てるということは基本的には相手からも打てるという事です。では一発目外してその場に居続けたらどうでしょう?次を打つために準備してる最中に打たれますよね?基本出るのは一瞬です。私の今までの動画を見てもらえればわかるかと思います。→これ

次にDS
これは当てるためには感覚を掴むしかありません;;自分にあったセンシや解像度に変えることによって、もっと当てやすくなる可能性もあります。解像度は人の好みもありますから賛否両論ですが自分で試してみるといいでしょう。センシを変える事でDSに影響を与える事は明らかですね。自分にあったセンシというのはマウス・マウスパット・腕の振り方・腕の振り速度、その他もろもろの環境で人それぞれだと思います。私が考える自分にあったセンシを探すにはナイフで横切るまたは一瞬だけ見える様な反応速度が求められる中で低いセンシから試してみて「このセンシだと体半分くらい遅れてるけど一つ上げると当たるなというセンシですね」私は8でした。この時にけして焦ってはいけません!!焦らず確実に狙い当てましょう。効果的な練習場所は今回はパスしておきましょう。
DSを使う上で置き打ちとの使い分けが一番重要かな?この点について説明します。基本的には置きません。DSのメリットは柔軟性があるところかな壁ぎりぎりに構えているからSRも打てますし出てきたARも打てますね。デメリットは置き打ちより打つまでの時間が長いことかな?当然ですよね見えたら反応すればいいだけより合わせる作業があるのですから!私が置き打ちをする例を一つあげましょう。
SR1
ここですね!相手側から見てみましょう。
SR2
この丸で印つけてあるところはSRがいる可能性があるところです。この通りここでの決め打ちは難しいです。狭い間隔でしかも高さも変わるポジションがたくさんあるからです。相手はあの一箇所だけで、こちらは複数決め打ちが難しいところは置いても問題ないかと思われます。

最後にQS
QSはよく見せるプレーなど言われたりカッコイイという印象があるかもしれません。ですがQSを使わなきゃいけない場面というのが存在します。
それはクリアリングの時などQSを使うことが多いです。それは何故かということをこれから説明します。これを説明すると同時にDSとQSの使い分けについても説明します。みなさんはスコープを覗きながらクリアリングしませんよね?それはなぜでしょう?敵がどこにいるかわからないからです。ということはDSを使う時は主に敵の位置がわかっている、またはいるかもしれない所に出る時にあらかじめ覗きながら出るといいでしょう!!敵がどこにいるかわからない時はスコープを覗いてはいけません。そして敵が出てきた時に余裕があればDSすればいいし一瞬でやらないと死んでしまうと判断した場合は迷わずQSを使いましょう。しかしこの時真ん中に合わせることを忘れずに!!という事は敵地に入る時クリアリングをする時、いつ敵がでてくるかわからないので、いつでもQS当てる準備をしながらQSを当てるイメージをしながら準備してるといいでしょう!!

QSとDSの関連についても少し説明します。QSというのは真ん中かな?と思うところに照準を合わせて一瞬覗いて打つことです。ですが真ん中かな?というところに合わせてDSを打ったらどうでしょう?ほとんど動かす必要がありませんよね。これはDSの精度が上がるということを意味しています。
中距離遠距離のQSがうまくなる=DSの精度が上がる+打つまでの速度が早くなります。→これ参考に
QSといっても当てるコツは「QSといってもじっくり狙え!!」です。QSだから早く振り向いてすばやく打つと思っていませんか?早く打てるにこしたことはありませんが、自分の力量を知りましょう。一瞬で真ん中に合わせられるなら、それはすごいことです。私は未熟で速く打てないので焦らずじっくり狙っています。

今日は疲れたので立ち回り編はまた今度w
スポンサーサイト
Game * Trackback(0) * Comment(4) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→
kacchi
2009.01.06 (04:43) xx URL xx EDIT
last解散したの!!!??
切ないお...・(ノД`)・・
algent
2009.01.06 (09:07) xx URL xx EDIT
解散したねー今はあんどりゅーさんのクランに入れてもらってるよー^^
最近は何してるんだー?
Andrew
2009.01.07 (03:46) xx URL xx EDIT
全部読んでみた
俺には、SR使えないと分かったよw
かっちさん よかたら来ない?w
algent
2009.01.07 (19:42) xx URL xx EDIT
俺も始めは55%しかなかったですから・・・
SR愛があればいけます><


トラックバックURL
→http://tosukana.blog90.fc2.com/tb.php/27-c6bc241d












xx HOME xx


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。